辞書凡例

クラウン仏和辞典 第3版

1. ご利用にあたって

1. 本サービスには『クラウン仏和辞典 第3版』を収録しています。

2. 図版、付録などは収録されていません。また、書籍と一部違うところがございます。

3. 詳細は、以降の凡例をお読みください。

2. 見出し語

1. 代名動詞および前置詞, 冠詞などを伴う語が見出し語となるときは, 再帰代名詞, 前置詞, 冠詞などを ( ) に入れた.

encanailler (s')=s'encanailler, encontre ( l')= l'encontre, Antilles (les)=les Antilles

2. つづりが同じで語源の異なる語, および語源が同じでも語義がいちじるしく異なる語は別見出しとし, 番号を付けて区別した.

3. 見出し語が性・数によって語尾変化する場合は, その変化部分を( )内に示し, 発音は両方をあげたが, 変化形の発音はその部分のみをハイフンの次に示し,[,-]の形で略示した. ただし, 語尾に s をつけるだけで複数形となる場合は変化形と発音を省略した.

absolu(e)[apsly]〈形〉=男性形 absolu, 女性形 absolue, 発音は男性形, 女性形ともに[apsly].

gnral(ale) (複 ~aux)[eneral, -o]〈形〉=男性形 gnral, 女性形 gnrale, 発音は男性形, 女性形ともに[eneral]. 男性複数形 gnraux[enero], 女性複数形 gnrales[eneral](女性複数形は女性単数形に s をつけるだけなので特記しない).

4. つづりが同じで品詞の異なる語は――で示したが, ――の後に省略せずに書いたものもある. ただし記述が少ない場合は省略した.

5. 4. の語が語尾変化する場合は, 原則として――の後に見出し語を省略せずに書いたが, ――だけで示した場合もある.

amiral (複 ~aux)〈男〉  ―― amiral(ale) (複 ~aux)〈形〉

6. 簡単な派生語はその基となる語の項に収めた.

7. 見出し語でない代名動詞は見出し語の動詞の末尾に ―― se laisser の形で示した.

8. つづりの一部が異なる語は, 検索に不便のない限り ( ) あるいは[ ]で略示した.

3. 発音

1. 発音は国際音標文字で[ ]に入れ, 見出し語の次に示した.

2. 2つ以上の発音がある場合は, 読みにくくならない限り ( ) と〔 〕によって異なる部分のみを示した.

3. 同じつづりで同じ発音の見出し語が続く場合, 2番目以降の発音は省略した.

4. 有音のhには†をつけて区別した.

4. 動詞の活用形

1. 見出し語が動詞の場合 (ただし -er 型の第一群規則動詞を除く), 動詞活用表と対応した番号を付した. また, 主な不規則変化動詞の過去分詞を,〈過分〉の後に示した.

admettre[admtr](→活用 46・〈過分〉admis)

2. 頻度の高い不規則動詞の活用形は見出し語として扱った.

5. 品詞

見出し語の品詞は〈男〉,〈形〉,〈固有〉などで略示した (略語表3を見よ).

6. 英語

重要語を中心に英語を併記して学習の便をはかった.

7. 語義

1. 語義は【1】,【2】,【3】…, [1],[2],[3]…, (a),(b),(c)…, (;),(,) の順に分類した.

2. 用例と成句欄の語義分類には (1),(2),(3)… を用いた.

3. 語義の補足には ( ) を, 交換には〔 〕を用いた.

4. 記述の多い重要語や多義語では, その重要な意味とはたらきを示すためと, 記述のまとめとして検索を容易にするため, その代表的な語義と用法を別にまとめた.

8. 用例

1. 用例中の見出し語は原則として ~(スワングダッシュ) で略記し, 変化形はその全形を示した. ただし, 語尾に e,s,es をつけるだけの変化形はそれぞれ ~e,~s, ~es の形で示した.

2. 見出し語が2文字以下の場合はそのまま全形を示した.

3. 欧文中の交換には[ ]を, 和文中の交換には〔 〕を使った.

9. 成句欄

1. 成句は各項の最後にまとめてアルファベット順に配列した.

2. 成句欄中の見出し語は ~ で省略せずに示した.

10. 参照語

 , を用いて類義語と反意語を示した. ( ) 内のものはその直前の語義または用例についての参照語であることを示す.

11. 百科的解説

百科的解説は◆の後に記したが, 簡単なものは ( ) 内に示した.

12. かっこ類

1. [ ]欧文の文字, 単語, 句, 文について: このかっこ内のものとその直前のものとが交換可能であることを示す.

non-pai[y]ement=non-paiement, non-payement

Les fentres sont grandes[grand]ouvertes. =Les fentres sont grandes ouvertes., Les fentres sont grand ouvertes.savoir mauvais gr

[peu de gr] qn=savoir mauvais gr qn, savoir peu de gr qn

2. 〔 〕和文の単語, 句, 文と発音記号について: このかっこ内のものとその直前のものとが交換可能であることを示す.

砂〔砂利〕まじりの=砂まじりの, 砂利まじりの.

真剣な〔重々しい〕表情で=真剣な表情で, 重々しい表情で.

gmellaire[eme〔l〕lr]=[emelr],[emllr]

3. 欧文の[ ]と和文の〔 〕は対応している場合が多い.    

donner manger[ boire]食べ物〔飲物〕を与える. =donner manger 食べ物を与える., donner boire 飲物を与える.

Il est en voyage[en colre]. 彼は旅行中だ〔怒っている〕. =Il est en voyage. 彼は旅行中だ., Il est en colre. 彼は怒っている.  

4. 《 》

(1) 発音の次に置かれた《 》は語源または同一語根の語を示す.

encapuchonner[kapyne]《capuchon》〈他〉…  

mu(e)[emy]《過分<mouvoir》〈形〉… (mouvoir の過去分詞からでた形容詞)    

(2) 文法や語法の解説 (略語表1を見よ).    

septentrion[spttrij]〈男〉《古・文》…    

indispensable[dispsabl]〈形〉《,に》欠くべからざる…   

grand-chose[gro:z]〈名〉《不変》…    

en-[]〈接頭〉《b,p,m の前では em-》…  

5. 外来語の国籍, 専門語の表示.    

octavo[ktavo]ラテン語〈副〉…    

oxygne[ksin]〈男〉化学 酸素.

6. ( ) 文字, 発音記号の省略; 訳語, 用例の補足, 簡単な解説.

arolit(h)e=arolite, arolithe

gaucho[o(t)o]=[oo],[oto]    

聖職者の(ような)=聖職者の, 聖職者のような.

13. 略語表1

《文》…………………………文語

《隠》…………………………隠語

《俗》…………………………俗語

《話》……………………話し言葉

《古》…………………………古語

《略》…………………………略語

14. 略語表2

qch……………quelque chose 何

qn………………… quelqu'un 人

15. 略語表3

〈冠〉………………………冠 詞

〈冠〉(不定)………… 不定冠詞

〈冠〉(部分)………… 部分冠詞

〈定冠詞〉……………… 定冠詞

〈名〉………………………名 詞

〈男〉………………… 男性名詞

〈女〉………………… 女性名詞

〈固有〉……………… 固有名詞

〈固有〉(男)…… 男性固有名詞

〈固有〉(女)…… 女性固有名詞

〈代〉…………………… 代名詞

〈代〉(指示)……… 指示代名詞

〈代〉(不定)……… 不定代名詞

〈代〉(所有)……… 所有代名詞

〈代〉(人称)……… 人称代名詞

〈代〉(疑問)……… 疑問代名詞

〈代〉(関係)……… 関係代名詞

〈自〉…………………… 自動詞

〈他〉…………………… 他動詞

〈代動〉……………… 代名動詞

〈非人称〉………… 非人称動詞

〈不定詞〉……………… 不定詞

〈接続法〉……………… 接続法

〈直説法〉……………… 直説法

〈条件法〉……………… 条件法

〈形〉…………………… 形容詞

〈形〉(男)…………………

… 男性形でのみ用いる形容詞

〈形〉(女)…………………

… 女性形でのみ用いる形容詞

〈形〉(不定)……… 不定形容詞

〈形〉(所有)……… 所有形容詞

〈形〉(数)…………… 数形容詞

〈形〉(品質)……… 品質形容詞

〈前〉…………………… 前置詞

〈副〉……………………… 副詞

〈副〉(疑問)………… 疑問副詞

〈副〉(関係)………… 関係副詞

〈接〉…………………… 接続詞

〈間投〉………………… 間投詞

〈形・句〉………………形容詞句

〈副・句〉…………………副詞句

〈前・句〉………………前置詞句

〈接・句〉………………接続詞句

〈接頭〉………………… 接頭辞

16. 著作権

クラウン仏和辞典 第3版

編者 大槻鉄男ほか

(C)1989-2014

発行者 株式会社 三省堂

凡例一覧へ戻る